探偵人探し料金相場

探偵人探し料金相場

GPS装置を用い、毎週のように行っている所を検索して、見張っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、現場を押さえられると考えられます。

あまり予算が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。

自ら動くより、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。

素人が調査をしてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

しかし、相手を責めたてても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件で離婚できません。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺傷沙汰にまでなってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのも1つの方法でしょう。

別れるつもりがあるならば、やってみる手もあるでしょう。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は少なくなってしまいます。

さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。

どの人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。

浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。

相手が信頼できなくなってしまったら一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、別れさせることも難しくはありません。

浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。

ところが、探偵に頼むと費用が高くつきますから、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

探偵さんへの浮気調査の依頼には、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所ごとにもお値段は違ってくるので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。

 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば購入できます。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用されることが多いですが、誰でもネットなどで購入が可能です。

車に載せてあるGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、当然、誰でも購入できます。

法律の中で、夫婦関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から男女の関係にいたることを不倫と定義しています。

つまり、法律的にいうと、性関係になければ、普通のデートをしたとしても、不倫ではありません。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。

探偵事務所調査を依頼し、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

相手の様子が浮気を想わせた場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。

しかしながら浮気の証拠を自力で入手しようと思っても、相手に見つかるという可能性はあるでしょう。

その原因はズバリ、顔がばれてしまっているからです。

浮気調査の依頼をするときには、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査は大体2人程度で行っているようです。

ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、大体の場合は行います。

浮気をしていることがはっきりとしたら、再度、日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのは自分ひとりでも可能ですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を手に入れるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方がトラブルの心配もなく、安心です。

そして、探偵に頼む場合、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。

状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。

しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあるのです。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはしないほうがいいでしょう。

浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともあります。

それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、大きく消耗することになります。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。

普通、成功報酬と言えば調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。

そのため、成功報酬の探偵事務所に特定して、利用しようとしている人もいます。

浮気調査の費用を節約する方法は、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。

調査とはいっても簡単にできることなのです。

毎日、パートナーの行動記録を付けておけば調査費用の節約につながるのです。

日々の仕事に出掛ける時間、帰ってきた時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間だったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功ということになるでしょう。

本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査は完了し、成功報酬としての料金を請求されます。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚してしまった場合、別れるべきか否か選択に困りますよね。

ひとまず冷静になって、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚してしまうのも一つの案です。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるかもしれません。

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、計算した費用です。

短時間で調査を完了すると費用も安くすむわけです。

頻繁に掛かってきたり電話が掛かってきていたりその電話番号に掛けていたりしたらその電話の相手が浮気相手という確率は大いにあるでしょう。

それがわかったら電話番号の主を断定することができますね。

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話の後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

配偶者が不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、二人の間に亀裂があったと認められる場合、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、歳や婚姻年数など様々な角度から検証して裁判官の決定を待つことになります。

探偵人探し料金相場関連ページ

探偵調査費用相場
探偵 人探し 相場

探偵費用相場 興信所 料金 相場