探偵調査費用相場

探偵調査費用相場

GPS装置を用い、良く通っている地域の情報を得て、見張っていれば、必ず来るはずなので、不埒な行為を押さえることができるでしょう。

あまり予算が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、ひとつの方法ではあります。

ただし、その装置を仕込んだことが発覚することがあります。

探偵事務所の探し方として、評判や口コミを調べるのが大切です。

当然、探偵事務所が運営するホームページに掲載されている口コミなんかではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトにある口コミを確認するようにしましょう。

探偵事務所の関係者以外による口コミは、信頼性が高いのは明白です。

相手に気づかれないで浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要となる機材や技術があります。

浮気の現場をカメラにおさめても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠にはできません。

浮気を探偵に調査してもらうなら、非常にコンパクトなカメラを使って相手にバレないように顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。

特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。

同様に、父親が一人で育てる場合も仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は低くなるのです。

また、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要となります。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。

同じ電話番号の人から何度も電話が掛かってきていたりその電話番号に掛けていたりしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのは濃厚であると考えられます。

そうしたらその電話番号の相手が誰かということを見つけ出せばいいのです。

ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話の後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

探偵が浮気調査する時でも失敗することがないことはないのです。

探偵が浮気調査の専門家だとしても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないとは言えません。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠入手が困難です。

身なりを確認して浮気の実証ができます。

浮気をしている人に、目に見えて出現してくるのは変化していく服装です。

それまではお洒落には興味がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったらよく見ることが重要です。

この先、浮気に進展しそうな人や、浮気している人がいるかもしれません。

レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をみつけることもあります。

最初に、普段立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に習慣的に何回も行っている事になります。

そこで見続けていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。

浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは高額なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。

探偵さんへの浮気調査の依頼には、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所が変われば価格はそれぞれ異なるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

車の目立たない場所にGPS端末を忍ばせ、行動の様子をリアルタイムで監視し、今いる場所をモニターしたり、時間のある時に、データを取り出して行動の様子を分析したりします。

あまり、車を運転しない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。

そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当然のことですが、調査員の数が少なければ安く、多くなるほど高くなります。

そして尾行の際、移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害・殺人まで起きるというストーリーもよく使われます。

情事の現場へ乗り込むのも選択肢の一つです。

別れるつもりがあるならば、取っていい行動といえるかもしれないです。

浮気調査の費用を節約する方法は、できる限り事前に自分で調査してから調査会社へ依頼することです。

難しい調査ではありません。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。

日々の仕事に出掛ける時間、帰宅時間、電話がかかってきたならば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば買うことができるのです。

一般的には、追跡グッズはGSP端末を用いることが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。

車に載せるGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、当然、誰でも購入できます。

浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、相当低い料金設定であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、細やかな料金設定がされており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が良いかと考えます。

他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか確認が必要です。

法を逸脱した調査をしている探偵社には浮気調査の依頼をやめておきましょう。

慣れないことを自分でやるよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。

探偵に依頼すると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自ら浮気調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。

そのため、確実な証拠というものが必要になります。

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。

離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談するべきです。

不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するべきです。

女性の場合、近所の奥さまや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂のタネになりたくないなら、絶対にやってはいけません。

問題なく探偵が調査をしていても、依頼者のちょっとした言動で、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、証拠が揃わないこともあります。

探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が手に入るわけではないのです。

成功報酬にするのかどうかについても、調査を始める前にちゃんと確認しておきましょう。

夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵にお願いする時、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを前もって相談します。

1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査料金が高くなります。

調べる人の事務所により、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。

探偵調査費用相場関連ページ

探偵人探し料金相場
探偵 人探し 相場

探偵費用相場 興信所 料金 相場