相手に全く覚られずに、誰もが浮気していると分か

相手に全く覚られずに、誰もが浮気していると分か

相手に全く覚られずに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、しっかりした機材と技術が必要になります。



浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。浮気調査を探偵が依頼されたときは、用途に適するサイズのカメラも用意し全く気づかれずに鮮明に写真におさめることができます。




法律の上で、結婚した人が配偶者ではない人と肉体関係を持つことを不倫とよびます。つまり、法律的にいうと、男女関係に発展していなかったら普通のデートをしたとしても、不倫じゃないということです。



個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。


例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めるのです。


携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。最近はメール、LINEで連絡をことも多くなったとはいえ、好意を持つ相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。

ふとした時に電話している可能性は十分考えられますね。




浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は冷静でいることが難しくなってしまう可能性は否定できません。



 自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと逆上してしまったという例が発生することも多いのです。無事に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。



実際の浮気調査では、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。


ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、調査員が1人で浮気をしているかの確認を大体の場合は行います。



浮気をしていることがはっきりとしたら、もう一度話し合いをして浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。飲食店などの領収証の記載にはお通しの注文数から同席していた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。




加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに点検するようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、誰かほかの人と一緒にいたと推測される場合があるでしょう。


成功報酬と言って誤解されがちなのは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。実際のところは不明確であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査は完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

結婚している相方が、浮気しているときでも別れたくなければ浮気現場を押さえようとすることは避けましょう。


パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。

その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。探偵の仕事は依頼された調査を行えばいいということではありません。

浮気の事実があるのか調査していると、トラブルが発生する可能性があります。その時、どれだけ依頼者のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。

探偵が信用できるか否かは、お話を進めるときの印象などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。浮気調査で先ずすべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。疑問が確信に変わりきらないケースでは改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。もしも浮気が確かなこととなれば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。



仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の素性を証拠として押さえるのです。


探偵費用相場 興信所 料金 相場