探偵の特徴としては、誰かに不審に

探偵の特徴としては、誰かに不審に

探偵の特徴としては、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、先に身分や目的を開示してから表立った調査をしているようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと言っていいでしょう。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえてひどい状況に陥るのは、映画やドラマでよく描かれます。


配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺傷沙汰にまでなってしまうサスペンスドラマも少なくありません。




情事の現場へ乗り込むのもやり方の1つでしょう。別れるつもりがあるならば、取っていい行動といえるかもしれないです。生涯の伴侶の不適切な恋の調査を調査員に行ってもらう場合、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを契約を交わす前に取り決めます。


1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。


探偵事務所によっても、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。

浮気調査に必要な期間は、平均で3〜4日かかるといわれています。

しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあると思っていてください。


一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査の前に分かっていれば、一日で調査が終わるなんてこともあります。


探偵の一部はアルバイトの事例がございます。


探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。ということは、バイトを使っている探偵事務所も多いのです。


浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報がないと調査のしようがないですよね。




バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。

探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。



浮気の事実があるのか調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。


その時、どれだけ依頼者のことを優先的に思ってくれるような探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。信頼できる探偵の見分け方は、相談した時の対応などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはお通しの注文数から同席していた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに確かめるようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。興信所と探偵事務所の違うところですが、格別違うところが無いと言っても言い切れます。




共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、類似した仕事をしています。




でも、差があるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。



ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、歳や婚姻年数などいろいろな事を鑑みて裁判所が慰謝料を決めます。法律の中で、夫婦関係にある人が自分から夫婦ではない異性と肉体関係を持つことを不倫と定義しています。

つまり、法律的にいうと、肉体関係を持っていなれば、普通のデートをしたとしても、浮気とはいえません。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。


探偵費用相場 興信所 料金 相場